ブログトップ

懐石万惣 ブログ

blobmansou.exblog.jp

イベント茶会、料理教室、畑の様子など随時更新中

草庵行鉢式

食禅「草庵行鉢式」平成バージョン
その1
ーーーーーーーーーーーーーーー
「草庵行鉢式」
長い茶の湯の歴史で禅僧の食礼を取り入れた人は多いが、しっかり文書に残し草庵化した方は少なく
江戸期の姫路城主の坂井宗雅と
幕末の大老 井伊直弼のたった二人である
井伊直弼以降、行鉢を草庵化し行ったという記録はみたことが無いので
私が行っている草庵行鉢式が歴史上3人目である!
しっかりと責任を持って進めて行きます
ーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーー
水屋にて聞竹打ち鳴らす
袱紗に包んだ一式と、箸.・刷 、布巾が運ばれる
器は二人づつ配られ
二人同時に合掌一礼し一式を受けとる
聞竹一つ打ち
「お釈迦様を思いこの尊い器をひろげます
ただ空腹を充たすだけのものではなく
皆等しく清らかな釈迦の境地を味わえますように」
以上を心の中で念じ袱紗を広げ器を並べます
a0097967_1202133.jpg
a0097967_1203369.jpg
a0097967_1204356.jpg
a0097967_1205072.jpg

[PR]
by kaisekimansou | 2015-05-25 12:01 | お茶の仕事