ブログトップ

懐石万惣 ブログ

blobmansou.exblog.jp

イベント茶会、料理教室、畑の様子など随時更新中

カテゴリ:ご飯の炊き方( 1 )

 料理講習を受けた方から度々飯の炊き方について質問を受けますので
ここで紹介したいと思います

 ※飯を炊く鍋は鉄、アルミ、ステンレスです(お茶の飯は土鍋では絶対に炊けません・しんが残ります) 
 ※ここでの紹介は一般的な卓上のカセットコンロでの設定です
 ※米は3合の設定です
 

 正午の茶事 (炉の季節)の場合・席入り11時の設定

1、茶事の前日20時ごろ米をとぎザルに上げ冷蔵庫に入れておきます。
(米をといでいる間、水に触れているので、とぎ終わったあと水に漬けておく必要はありませ   ん・といでいる時間だけの水分で十分です)

2、茶事当日、10時ごろ米を冷蔵庫から出してきて、米の重さを計ります・・・鍋に米を入れて水を入れます(水加減は鍋に入れる前に計った米の質量の1.3倍の量です、例えば米が550gなら水は715gです)
  
3、亭主が、炭点前に入る8分前(汲み出しを出して1分ぐらいたったらでどうでしょうか?)に飯の鍋に火を付けます(火は全開です・タイマー17分でスタート)
a0097967_23554146.jpg
a0097967_23555658.jpg


4、沸騰したら火を細めます(約5分30秒)
a0097967_001846.jpg
a0097967_004424.jpg
  
火加減はやっと沸騰している程度です

5、17分かけたタイマ-がなったら、いつでもOKです(米にしんがありません・ちょうど炭点前で香合を拝見に出して亭主は一度水屋に戻ってきていると思います)

6、亭主が香合を取りに茶室に入ったころの味噌汁飯とよそいます
(鍋の蓋を開けた時に表面に水が浮いている状態がお茶の初膳の飯です)
a0097967_081090.jpg


7、お正客は鍋の真ん中をよそうのがやくそくですよ!

a0097967_0144791.jpg
a0097967_0145856.jpg
a0097967_0151040.jpg


 
[PR]
by kaisekimansou | 2007-06-20 00:19 | ご飯の炊き方