「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

懐石万惣 ブログ

blobmansou.exblog.jp

イベント茶会、料理教室、畑の様子など随時更新中

<   2012年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

あらためて(^^)
「懐石秘密箱」東京~♪
無事終了~☆
a0097967_15374392.jpg
a0097967_15391394.jpg

たのしかったで~す♪
来てくださった方、本当にありがとうございましたm(__)m
時間が短い講演なのに会費は高めでしたが・・
たくさんの方が来てくださり嬉しかったです♪
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
私はいろんなとこで講演させて頂いてますが
いつも一番言いたいことは
お茶の世界であっても
もっと自分の表現を
楽しんでほしい
ということ(^^)
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
茶は気楽なところがなくて窮屈なものではなく
やわらかく☆
ゆるやかで☆
やさしい☆
ものなんです(^^)
茶事でも同じです
茶事は一期一会でありますが
一生に一回ではあり
正午も夜も朝も
一般的な茶事は
許状でいえば
すべて小習いまでで出来ます♪
※小習い以上の茶事の表現は本当に難しく
一生に一度出来ない人がほとんどかもしれませんが・・・
まあそんなことで(^^)
普段の茶はどれだけ
やわらかくなっているのかを
いろんな切り口でお話させていただきました♪
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
上(台子など)の方の難しいお茶は
日本的ではなく
禅的です(^^)
下(小習などで出来る茶)の方のお茶は
「ひらがな」のような
やわらかさがあり
とてもおおらかです(^^)
日本人らしさというのは
平安のころに硬い「漢字」を
やわらかい「ひらがな」に変化させた心です
日本人は
大らかで優しい心で
いろんなものを変化させます(^^)
お茶でもそうです
上の方の茶「台子」=手なりが、ないカチカチに決められた表現です。
下の方の「小習」=手なりが、おおく柔らかくゆるやかな表現です。
上の方は楷書の漢字のようです
下の方は「ひらがな」のようです
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
茶室でいえば
広間で台子→台子が置けない台目畳がある極小の小間へ
茶入れでいえば
唐物に濃茶→棗に濃茶
袱紗でいえば
32相80種好相、まさに仏そのものになる真のさばき→天地と四季、陰陽を現す草のさばき
懐石具でいえば
高僧が使う朱塗りのもの→決まり事の少ない懐石具
とにかく(^^)
普段のお茶では
型をやぶって楽しいんでもイイのです♪
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
この日は
ほかにも
御飯の炊き方もしました(^^)
皆さんが茶事をするときに役立ったらいいなと思います♪
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
それからお詫びですm(__)m
当日会場に入ったら椅子が10ぐらいしかなく・・・
会場の他の部屋の椅子を全部集めても17~8個しかなく・・・
全員で26名いたので足りないので(><)急遽★
和室で行うことになってしまいました(><)
来ていただいた方には正座になってしまい・・
申し訳ありませんでしたm(__)m
[PR]
by kaisekimansou | 2012-06-28 15:42
福田行雄先生をお招きしての勉強会で点心をお出ししました(^^)
主催「雅風会」
a0097967_19584936.jpg

a0097967_18155254.jpg

素晴らしい講演でした☆
私は福田先生のように古筆を語る言葉がありませんので☆
自分の言葉でしか書けませんが!
「貫之の格」の話が特に響きました♪
この日のお話は本物の美だった!
金持ちも
貧乏人も
善人も
悪人も
すべてを救う「美」の話でした(^^)
古筆の美は
すべてを救う美です
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
福田行雄先生の美を皆さんに聞いてもらいたいな♪
全国隅々にこの美を伝えたいな♪
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
やっぱり思った(^^)
「美しいは正しい」

また先生にお会いしたいです☆
余談ですが!お嬢様も美しい方です(^^)
[PR]
by kaisekimansou | 2012-06-14 22:53 | 美しいもの
すべてを貫くものがある
すべてを貫くそのことを
明らかにしようと私は料理をつくってる
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
すべてのものを貫くその事を
明らかにするのが芸術です
[PR]
by kaisekimansou | 2012-06-14 21:48 | その他
小さな講習会します(^^)
みなさん来てくださーい♪
a0097967_1951644.jpg

お話と御飯を炊く実演します。お抹茶でます(^^)
お茶を習っている人
流儀にかかわらずお越しください♪
お茶を習ってなくても参加可能です☆
料理関係のかた是非来てください☆
世界の料理に一番影響をあたえたのは
懐石だと言っても過言ではありません
400年以上前に書かれたキリシタンの宣教師日記に
懐石がコース料理であり心のこもった
もてなしであると絶賛されています
現在の高級料亭の基礎は懐石といえます
本膳でも有職でもありません
懐石に息づく尊い哲学はお茶以外の分野でも
役立つと思いますよ~♪

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

日本の文化を楽しむ

「懐石秘密箱」

■6月24日(日)

■午前10時半から正午まで

■会場 東京都新宿区高田馬場4ー29ー27  シチズンプラザ4階

■会費 3000円(呈茶・御飯の炊き方実演があります)

■講演 中尾英力「懐石具 真・行・草に見る幸せの願いと型」

■問い合わせ 090-8966-8636

■主催 お茶コミュニティ■共催 懐石万惣

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

懐石料理屋の歴史は表千家七代如心斎の頃
すでに二百年以上年月が流れています
二百年以上業を積み重ねてきた懐石料理屋
業の積み重ねは知恵の蓄積となり
現代に活きています
日本の食礼は主客共に思い助け合うものです
このように両思いな素敵な食礼は世界に類がありません
簡素化された所作・作法は洗練された美であり
日本人なら誰しもが身に付けたい物です
会場では作法成立の秘話など織り交ぜながら
懐石の中に活きる尊い姿を紹介いたします

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
[PR]
by kaisekimansou | 2012-06-09 19:05 | 茶会のお知らせ
濱風講と名前をかえて第一回目となりました茶会
※去年の清沢満之を偲ぶ集の様子
無事終了しました
a0097967_16313166.jpg

上写真は最後お茶の方と筒井先生ご夫妻、メインの講師真城先生
私は着物から着替えていて洋服でした・・(><)
去年の清沢満之を偲ぶ会はお茶の代表者が今日庵文庫長の筒井先生でした
今年は最終に席に入ってくださりました
個人的には先月淡路島に呼んでくださった智積寺の若様や
同じ兵庫のK.Kさん
九州から来てくださったA.Hさん♪
本当にうれしかったです
a0097967_1633712.jpg

上写真は山口昭彦先生です興味深いはなしすばらしかったです(^^)
a0097967_16345942.jpg

奉茶もあり富山の澤田宗静先生が取り次ぎました
講演の代表者は太田様(富山)
茶席の席主は泉宗津先生(富山)
点心席は私(富山)が
実はこの会は越中の真宗門徒が中心となっておりますが
昔から越中の真宗門徒は信仰心が厚いといわれていますが
この会でも利害関係なく働いてくださるのは富山のメンバーです
すばらしい☆
a0097967_16423425.jpg

a0097967_16435799.jpg

上写真は点心席と水屋です
a0097967_16445046.jpg

上写真は本席です
濱風講のスタッフのみなさんお客様本当にありがとうございました
[PR]
by kaisekimansou | 2012-06-06 16:46 | お茶の仕事
『引次の真之茶事』
お料理10000円(懐石具はすべて万惣がもっていきます)
です宜しくお願いします
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
いままで、奥伝の引次のとき
灰は鱗灰の『真』
炭点前は『真』
菓子も7種で『真』
お点前も『真』
で行っているのに
料理だけが朱塗りの懐石具に精進『真』じゃない・・・
点心のときもよくあります・・・

なぜ・・・???

答えは簡単です
料理が高すぎるからです
通常一人前20000円以上、京都や東京なら50000円ぐらいかな
とにかく高すぎてお礼や経費など・・・バランスがとれてない
とにかく、金銭的にあわないのです(><)

なので当店では通常「真の茶事」の場合は懐石は20000円ですが
引次にかぎって10000円で行います

灰型も炭点前も菓子も全部『真』で引次をするのに料理だけ『真』じゃないのは
おかしいです(^^)わたしが金銭面で努力しますので
みなさん料理も真で引次をしましょう

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

先月の末に
引次の料理を10000円ですると告知してからはじめとなる引次の真之茶事
富山支部ではかなり地位のある方がしてくださったので
こんご富山市での普及につながると思います(^^)

また先日は魚津のカルチャーでも会費を上げてテーマを「引次」とし
引次の真之茶事の料理をいただいてもらいました(↓写真)
a0097967_15374616.jpg

初座の精進
人数が多すぎて器は朱でさえあればいいという寄せ集めになりすみませんでした
説明はしっかりさせていただいたので理解していただけたと思います(^^)
a0097967_15391239.jpg

後段の精進落とし
a0097967_1540931.jpg

水屋の様子です(^^)
今後県内東部での普及に役立つと思います

今月は県内西部の先生に何人か注文いただいてますので
今後、西部の普及につながると思います(^^)
[PR]
by kaisekimansou | 2012-06-06 16:00 | お茶の仕事