「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

懐石万惣 ブログ

blobmansou.exblog.jp

イベント茶会、料理教室、畑の様子など随時更新中

<   2015年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

積極的に『丁寧な食事の作法』を広めたいと思います
興味ある方連絡下さい(^^)
『丁寧な食事の作法』はお釈迦様の食事作法の現代版です(^^)
命と心を重んじた作法です(^^)
究極の懐石の姿は
それは 食事は命をいただくもの
自分だけが満たされるのではなく
すべてが等しく満たされることを願うもの
感謝、反省、戒め、節制、そして自らの道を成すことを誓うもの
一汁一菜に込められた厳しくも美しい世界
これまでの茶席で経験してきたものとはまるっきり違う世界です
ひとりでも多くの方に、この世界を味わっていただきたいす

a0097967_2247065.jpg

[PR]
by kaisekimansou | 2015-06-29 22:47 | 食心(じきしん)
志野流香道全国大会(^^)
無事終了ーー♪
なんといっても私達の席は志野流香道の若宗匠が席主(^^)
約500年この道を極め守ってきた家の若宗匠と一日中おなじ空間ですごす経験は楽しく学びの多い日となりました(^^)
お越し下さった皆様本当にありがとうございましたm(__)m
水屋の方も本当にありがとうございましたm(__)m
最高の1日を終えて
最高の気分です(^^)
a0097967_2240852.jpg
a0097967_22404299.jpg

[PR]
by kaisekimansou | 2015-06-29 22:40 | 香道
先日の行鉢の会
日本にここだけ(^^)
全国のみなさん
お待ちしています♪
来月は7/29(水)19:00~
a0097967_22382166.jpg

[PR]
by kaisekimansou | 2015-06-29 22:38 | お茶の仕事
現存する唯一の利休所持の懐石道具の飯、汁のお椀は四つ椀では無いのです(^^)
飯椀と三つ組椀を飯汁椀にしているのです(^^)
飯椀の身だけ形が違うのです
形からみても、いかに飯が尊いかわかるでしょ♪
a0097967_22354137.jpg
a0097967_2235497.jpg
a0097967_22355562.jpg

[PR]
by kaisekimansou | 2015-06-29 22:36 | 美しいもの
6月17日
a0097967_2162138.jpg
『濱風講』京都
大成功~☆
楽しかった~☆
詳細は追って書きます
a0097967_2163241.jpg
a0097967_2164388.jpg

[PR]
by kaisekimansou | 2015-06-20 21:07 | お茶の仕事
『盆石体験』
7/6(月)18:30~
会費3000円
富山市個人宅
興味ある方いるかな♪
※写真は私が作ったものなので下手です(>_<)
a0097967_213787.jpg
a0097967_2131913.jpg
a0097967_2132597.jpg

[PR]
by kaisekimansou | 2015-06-20 21:03 | その他
6月13日
a0097967_2112579.jpg
男の香道
「馨香会」
楽しいなぁ~☆
お越しくださったみなさま、ありがとうございました(^^)
[PR]
by kaisekimansou | 2015-06-20 21:01 | お茶の仕事
6月11日
懐石秘密箱
テーマ 飯台
南方録に書かれてる飯台は2ツありますが
詳細が書かれていない、もうひとつの飯台の作法をやりました。
飯等は給仕する方が客につけます、お寺の飯台看と同じです
臨済宗の作法を深く取り入れて見ました(^^)
a0097967_2101154.jpg

[PR]
by kaisekimansou | 2015-06-20 21:00 | お茶の仕事
『蕎麦懐石の会』
作っちゃいました(^^)
早速、蕎麦好きで有名な三代目吉野香岳(陶芸家)先生が私が言ってた蕎麦懐石具一式を作ってくれました~☆
薬味入れのかけご付き蕎麦碗、蕎麦つゆ入れ、蕎麦湯入れのセットです(^^)
ドンドン行くぜー
a0097967_20575667.jpg
a0097967_2058815.jpg

[PR]
by kaisekimansou | 2015-06-20 20:58 | お茶の仕事
「残したい点心の姿」
昨日は表千家の方のお宅で点心をお出ししました(^^)
一般のご自宅に50名の方が来ているのに混雑して感じない大きなお宅でした(^^)
さて懐石料理屋として一番古い京都の「柿傳」200年以上の歴史があります(東京の柿傳ではありません)
この柿傳の木村豊次郎さんの弟子で山田豊さんという方がいました
いまはなき「雪傳」の御主人様です、私はこの方に茶懐石のいろはを仕込んでいただきいまがあると思っています
師である山田豊さんが生前よくいっていたことの一つに点心のご飯のことがあります
特に表千家に至っては点心であっても飯は炊きたての白飯であること
そして飯の盛り付けは縁高の向きう側にすること
要するに炊き込みご飯は混ぜ物であり心の清さがない
味や色のこだわりを捨てて白飯をつけることが清さの現れであること
また点心は盃で一献いただいたのち箸をつけるので
手前に肴を盛り向こうに飯を盛ること
ちょうど写真のような感じです
写真の料理は青竹の器を入れてますが、これもないほうが理想でしょうね
この景色を守りたいです(^^)
茶の湯の心を真っ直ぐに伝えます
ド真面目にド真剣に伝えます
a0097967_2055527.jpg

[PR]
by kaisekimansou | 2015-06-20 20:56 | 美しいもの